負担の少ないラミネートべニア

ラミネートべニアとは

「前歯の隙間をなくしたい」「歯の変色をきれいになくしたい」などというご希望をお持ちの方に有効な施術として、ラミネートべニアという美容歯科治療があります。

以前は歯の周囲をぐるりと削り、その上に被せ物(クラウン)を装着する治療が主流でした。ですが、クラウンを被せるためには歯を大きく削らなくてはならないケースもあり「自分の歯をできるだけ残してきれいな口元になりたい」という方が治療をためらうケースがありました。

一方、ラミネートべニアは歯の表面を0.5~0.7mmほど削り、歯の色をした薄い板を貼りつけるという方法ですので、負担を抑えてキレイな口元を目指すことが可能なのです。

ラミネートべニアの歴史

ラミネートべニアのシェル

ラミネートべニアの歴史は古く、1920年代にハリウッドの映画スターが撮影用に使用した取り外し式のものが最初と言われています。当時は材料がもろく割れやすいものであり、あくまでも撮影時のためだけに装着するというような使われ方で、ごく限られたものでした。

その後、より歯の色に近いプラスチック(レジン)を表面に貼りつけることができるようになりました。しかしプラスチックは柔らかく吸水性があるため、色が黄色や茶色っぽく変色したり、表面がすり減ってしまう点が大きなデメリットでした。

そこでプラスチックに代わるものとして、セラミックを用いたラミネートべニアが登場しました。セラミックのラミネートべニアは、天然の歯のようなつや感やグラデーションのかかった色調を持っており、変色や表面がすり減ってしまうことはほとんどありません。

ラミネートべニアの材質そのものが向上していることはもちろん、貼りつける際の接着剤も日々新しいものが開発され、耐久性や強度の高い治療を提供できるようになっていきています。

ラミネートべニアのメリット・デメリット

メリット

  • 歯を削る量がクラウンよりも少ない
  • 神経を残したままセラミック治療ができる
  • 最短2回のご来院で治療完了(形成から型取り、仮歯の作成までを一日ですることができる)

デメリット

  • 自費治療のため保険治療よりも費用がかかる
  • 段差の大きい歯列不正を完全にきれいにすることは難しい
  • セラミッククラウンと比較すると接着面積が小さく、強度的に劣る

ラミネートべニアの治療の流れ

1日目

  • 表面麻酔・局所麻酔をする
  • 歯を削り、ラミネートベニアの型取りをする
  • 仮歯をつくり、仮着

2日目

  • 表面麻酔・局所麻酔をする
  • 仮歯を外し、ラミネートベニアの適合を調整しセットする
  • 噛み合わせの調整をして完了

ホワイトニングと迷っている方へ 歯を白くしたい場合に、ラミネートべニアはホワイトニングと比較して検討されるケースが多いようです。

ホワイトニングはラミネートべニアと比べて初期費用が安く、手ごろなお値段で施術を行うことが出来ますが、ホワイトニングによる白さは永久的ではなく、定期的なメインテナンスが欠かせません。

それらのメインテナンスでかかる料金など長期的な視点で考えると、変色や劣化を起こさないラミネートべニアによって白い歯を手に入れる方が良いという方もいらっしゃることでしょう。また、白さのレベルもホワイトニングの限界値以上の白さにすることができる点もメリットとなります。

ラミネートべニアの料金について

ラミネートべニアは自費治療となりますので、料金はクリニックによって異なります。相場としては、1本80,000~120,000円ほどとされています。

フルデザイン・ラミネートベニア¥108,000/1本
仮歯¥3,000/1本

4本のケース

フルデザイン・ラミネートベニア¥108,000×4本=¥432,000
仮歯¥3,000×4本=¥12,000
合計¥444,000

例えば分割5回払いの場合¥88,800/月(無利子)×5回=¥444,000



すべての美容歯科治療にルミネカード対応 ルミネカードを使ってご精算の場合は以下の引き落とし金額となります。(即日発行可能)

例)セラミック矯正前歯2本プラン(税別・仮歯別)
・通常料金:¥216,000
・ルミネカード引き落し時:¥205,200